IT用語Wiki

 


メインメニュー

PukiWiki最新記事
2018-9-6 2012-3-2 2010-3-8 2010-2-16 2010-2-13 2010-2-12 2010-2-11 2010-2-10 2010-2-9 2010-2-8

ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

Counter: 7659, today: 3, yesterday: 1

XML(eXtensible Markup Language)

WEB関連
XMLとは、文書やデータの意味や構造を記述するためのマークアップ言語の一つです。

マークアップ言語とは、「タグ」と呼ばれる特定の文字列で地の文に構造を埋め込んでいく言語のことで、XMLはユーザが独自のタグを指定できることから、マークアップ言語を作成するためのメタ言語とも言われ
ています。
もともと、同じく独自のタグを指定可能な「SGML」のサブセットとして考案され、任意のデータをHTMLと同様の感覚で送受信できることを目標に作成されたものです。

XMLはその性質上、他のマークアップ言語の骨組みとして使用されることが多いです。
XMLはコンピュータ同士でのデータの送受信に使用できるほか、Webブラウザで直接閲覧することも想定されています。
XMLをWebブラウザで快適に閲覧するための仕様として、XML文書をWebブラウザで見た場合の表現を記述するXSLや、ハイパーリンク機能を実現するXLink/XPointerなどが用意されています。

XMLXMLベースのマークアップ言語の構造については、SGMLやHTMLと同じく、スキーマ言語の一つであるDTDによって定義することになっています。
しかし、DTDはSGMLでの使用を前提にして策定されたために、XMLとの親和性が低く、W3Cではこの欠点を解消したXML Schemaを策定中です。



linuxexpert

Copyright(c)1998 - 2010 InterSpacePlanning co.,ltd. All Rights Reserved.
株式会社インタースペースプランニング Pukiwiki KnowHow ONEP.jp