IT用語Wiki

 


メインメニュー

PukiWiki最新記事
2017-1-23 2012-3-2 2010-3-8 2010-2-16 2010-2-13 2010-2-12 2010-2-11 2010-2-10 2010-2-9 2010-2-8

ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

Counter: 4366, today: 1, yesterday: 1

ベイズ理論

ベイズ理論とは、英国のトマス・ベイズにより提唱された確率の原理でのことです。その定理とは、原因から結果が生ずる確率が与えられると、結果が原因から生ずる確率が分かるというものです。ベイズ理論では、原因の分布を最初に主観的に選び、データが観測される度にこれを更新するため、帰納的主観的であるといわれる。

IT業界では、ソフトウェアの利用者の挙動を観測し、利用者が必要としていると思われる適切な助言を生成する機能の研究が進展している。身近なところでいえば、ベイズ理論を応用したスパム(迷惑メール)フィルタでその威力を体験できる。他の方法よりも有効であることが認識されつつあり、多くのスパムフィルタでベイズ理論が採用されるいます。また、あるGoogleなど検索エンジンでも、ベイズ理論を応用しています。



linuxexpert

Copyright(c)1998 - 2010 InterSpacePlanning co.,ltd. All Rights Reserved.
株式会社インタースペースプランニング Pukiwiki KnowHow ONEP.jp