IT用語Wiki

 


メインメニュー

PukiWiki最新記事
2017-1-23 2012-3-2 2010-3-8 2010-2-16 2010-2-13 2010-2-12 2010-2-11 2010-2-10 2010-2-9 2010-2-8

ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

Counter: 9103, today: 6, yesterday: 1

PtoP(peer to peer)

PtoPとは、ネットワーク上で対等な関係にある端末間を相互に直接接続し、データを送受信する通信方式で、P2Pとも呼ばれています。。また、そのような方式を用いて通信するソフトウェアやシステムの総称。データの送り手と受け手が分かれているクライアントサーバ方式などと対比される用語で、利用者間を直接つないで音声やファイルを交換するシステムなど、Skypeに代表されるように実用化されています。

Peer to Peerに相対する用語として、クライアント-サーバ方式があります。これは、サーバのURLが広く周知・公開されており、このURLに対して、一般ユーザのクライアント(パソコンなど)がアクセスするという形態です。これに対して、PtoPは、一般ユーザの名もない端末装置(パソコンなど)に対して、他のユーザの端末装置が直接アクセスする、という点が大きな特徴です。

クライアント-サーバ方式が、端末数が非常に多くなるとサーバがパンクするのに対して、PtoP方式は、端末数が膨大になっても回線帯域などに余裕がある限り通信が可能という特徴があるため、IP電話や動画配信サービスなどへの応用例が増えてきています。

さらにPtoP方式には、通信を行うソフトウェアや通信プロトコルなどに左右されつつも、発信者の匿名性がある程度確保できるという特徴があり、Winnyに代表されるような不正利用も多く問題となっています。



linuxexpert

Copyright(c)1998 - 2010 InterSpacePlanning co.,ltd. All Rights Reserved.
株式会社インタースペースプランニング Pukiwiki KnowHow ONEP.jp